園内MAP

いわき市フラワーセンターは約26万平米の広大な敷地があり、多種多様のお花が咲いています。中にはこどもたちが元気に遊べる遊具ゾーンや熱帯植物の温室ゾーン、イングリッシュガーデンゾーンなど、たくさんのエリアに分かれています。簡易的ではありますが、下記MAPを参考にしていただければと思います。

園内マップ

正門

正門からから中に入り並木道をすすむと、進むとサークル上の花壇がります。そこの中心には光り輝く銀色のオブジェがお出迎え。

風力発電

大階段を上った先には大きな風力発電が建てられています。航空宇宙の技術と自然界の草花の発芽をヒントにデザインされました。

バラ園

大階段を上った先には大きな風力発電が建てられています。航空宇宙の技術と自然界の草花の発芽をヒントにデザインされました。

イングリッシュガーデン

レンガを使いイングリッシュガーデンを再現したこちらのゾーンでは多くのラベンダーがお出迎え。可愛いうさぎの置物もいますので、ぜひ探してみてくださいね♪

レストハウス

疲れたらレストハウスで一休み。自販機もありますので、ゆっくりと休憩してください。高台にあるのでフラワーセンターを見下ろす景色も綺麗です。

展示温室

いわき市でも最大級の展示温室の中には、熱帯植物やサボテン、ハイビスカスなど普段なかなか目にすることのない植物たちがたくさんあります。

子供の広場

2014年にリニューアルしたこちらは小さなお子様が元気いっぱいに遊ぶことができる遊具が設置されています。

アジサイ園

色とりどりのアジサイが一面に広がっています。種類もたくさんありますので、ぜひお気に入りのアジサイを見つけてください。

太陽光発電施設

広大な施設内に数カ所太陽光パネルを設置して発電をしています。自然を利用したエネルギーを少しでも使うことで、環境へも配慮しています。

フラワーライフ館

季節ごとに展示会や講習会などを行っているフラワーライフ館。こちらの中では、イベントや教室なども開催しています。

ツバキの森

フラワーセンター奥の吊り橋を渡った先にある小山を歩く1km程度の遊歩道。冬から春にかけて椿が咲き見ごろになります。

梅園

紅色、うすピンク色梅や、白梅などがも咲いている梅園。見ごろの時期の梅園はとても綺麗で美しいスポットです。

シャクナゲ園

福島県の花でもあるシャクナゲがたくさん咲いています。またシャクナゲは福島県の「郷土の花」としても知られています。